*

技術

わきがの認知度の違いで変わる意識

ヨーロッパに住み始めて最初に思ったのは、「オーデコロンや香水の種類が多い」ということ。

プレゼントや普通使いの購買率が日本よりとても多い。

クリスマスやバレンタインの季節になるとテレビは有名ブランドの新作や代表作のゴージャスなコマーシャルで賑わう。

「ずいぶん人気があるんだね。」と言うと、仲間から「普通にたしなむ感覚で好みの香りを見つける」んだとか。

「そうか、なるほどね、確かに年中乾燥している気候ではあっても、冬場の地下鉄や夏の炎天下を歩いた後は気になるかも」と日本をイメージして呟くと、「実際は、人の体臭っていうのはそう皆嫌がらないけどね。」え?そうなの。と驚いた。

ニオイが気になるので香水を選ぶのかと思ったから。

「みんな何かしら匂いを持ってるからね」と言う。確かに。日本では本当に気になった。出かける前からケアに時間がかかって煩わしかった。

それも、「自分だけ匂ってる、周りに迷惑かけてる」気分がしたからかも。

周りが認知してくれる環境なら悩まないで済む。

思えば、こちら来てから体臭の強さを指摘されたり、なんとなく話題にされることがない。

嫌な匂いを消すために匂いを選ぶのではなく、好きな香りを選んでフレグランスを楽しめるのはいいなって思う。

共有している環境で、コンプレックスにストレスを感じることなく過ごせるのは最高だと思う。

ワキガを治す方法 治療 術後

テスト

テスト記事です。