*

わずかな差でも

「スプレッド」とはFX取引は外貨を売り買いして利幅を上げる投資です。

 

トレードの値は1日中上がったり下がったりします。

 

これがマーケットです。

 

テレビのニュースをみているとドル円やユーロ円のニュースが流れるケースがあります。

 

よくあるのが「ドル円は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

 

これは80円50銭から80円52銭の間で注文されているという意味ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを表示しています。

 

要するに、売り買いには買値と売値の2つの値段があります。

 

売値のことをBID、買値のことをASKと表現している取引業者も存在しています。

 

平常時には売値のほうが買値よりも低く定められています。

 

あなたが買値は高く、売値は低くなります。

 

この差額をスプレッドといい、FX業者の収入のひとつといわれています。

 

スプレッドはFX取引会社によって変わります。

 

スプレッドの幅はみなさんにとって経費になるので低い業者を選んだほうが優位です。

 

ただし、同じFX取引会社でも局面によってはスプレッドの幅は大きくなったり小さくなったりします。

 

もしいつもはドルと円の組合せでたった1銭のスプレッドでも、マーケットの上下がかなり大きい状態では1銭よりも広くなる事があります。

 

という事で、スプレッド幅が狭いのと同様に固定している事が大切です。

 

現在では変わらないスプレッド幅を表示する取引会社もいろいろ存在します。

 

現実に取引業者の売買画面の中で現実の相場を調べなければ区別できないので億劫ですが、必要な事です。

 

多額の財産を預けて注文をするのだから、リアルな売買の前に興味を持ったFX取引会社の取引口座開設を全てして、表示されているスプレッドの広さを実感しましょう。

 

同じ通貨のペアでも、その時点の状態によって、通貨ペアのスプレッドの広さは異なります。

 

一般的には、インターバンク市場で取引量の多くて、流動性の高い通貨ではスプレッドの広さが狭く残りの通貨ペアでは広がる事が多いです。

 

次の記事も読んでね!!

  1. わずかな差でも
  2. テスト


コメントする