*

2015年1月

私の薄毛治療の遍歴について

私の薄毛治療の遍歴についてお話ししましょう。

私は現在35歳。

大学生ころから薄毛は気になっておりました。

大学4年生の時には、某育毛会社のヘアチェックにもいきました。

そこでは、1本の毛穴から普通は3本髪の毛が生えているのだが、私の場合は2本しか生えていないとのことそれなりにショックを受けました笑でも、そのころはまだ笑いのネタとしておいしく思っていたのも事実。

しかし、28歳ころから事態は深刻になってまいりました。

そのころから私は本格的に育毛発毛活動に取り組みます。

まずは、スカルプDといったシャンプー。

薬局の友人にすすめられた、アデノシンなる育毛剤。

はたまた、TVでよくやっていたカンキロウなる発毛剤。

これらは頭皮に湿疹ができ、あまりよくないなと思い中断しました。

次に試したのは、病院に通院して治療を受ける時に、処方してもらうプロペシア。

プロペシアに関しては、もう生えるだろうと思い込んでyoutubeに発毛日記もUPしました。

発毛するまでを順次UPしようと意気揚々としてたのですが、生えることはなく2話までUPして終了。

こちらは健康診断の結果で副作用として可能性のある肝臓の数値が悪くなったので中断しました。

次に試したのが、血圧を下げる薬。

副作用で毛が生えるとのこと。

試しましたが、髪の毛より先に体毛がすごく濃くなるんです。

女友達に手の毛が濃い。と叫ばれたのでこれも服用をやめました。

もうここまで来てはどうすることもできません。植毛するお金もないので。あきらめました。今は、潔く坊主にして男らしさをアピールしてます。

m字はげ 治療


わきがの認知度の違いで変わる意識

ヨーロッパに住み始めて最初に思ったのは、「オーデコロンや香水の種類が多い」ということ。

プレゼントや普通使いの購買率が日本よりとても多い。

クリスマスやバレンタインの季節になるとテレビは有名ブランドの新作や代表作のゴージャスなコマーシャルで賑わう。

「ずいぶん人気があるんだね。」と言うと、仲間から「普通にたしなむ感覚で好みの香りを見つける」んだとか。

「そうか、なるほどね、確かに年中乾燥している気候ではあっても、冬場の地下鉄や夏の炎天下を歩いた後は気になるかも」と日本をイメージして呟くと、「実際は、人の体臭っていうのはそう皆嫌がらないけどね。」え?そうなの。と驚いた。

ニオイが気になるので香水を選ぶのかと思ったから。

「みんな何かしら匂いを持ってるからね」と言う。確かに。日本では本当に気になった。出かける前からケアに時間がかかって煩わしかった。

それも、「自分だけ匂ってる、周りに迷惑かけてる」気分がしたからかも。

周りが認知してくれる環境なら悩まないで済む。

思えば、こちら来てから体臭の強さを指摘されたり、なんとなく話題にされることがない。

嫌な匂いを消すために匂いを選ぶのではなく、好きな香りを選んでフレグランスを楽しめるのはいいなって思う。

共有している環境で、コンプレックスにストレスを感じることなく過ごせるのは最高だと思う。

ワキガを治す方法 治療 術後

年賀状の準備

お正月にお届けする年賀状の準備を急いでいます。今年も枚数が多くて準備がたいへんです。年賀状は一年間お世話になった方や普段は会うことが出来ない方へのご挨拶にもなると思っています。最近ではパソコンで簡単に年賀状を作成することが出来たり、業者にお願いする方法もある様ですが、私の場合は全てお手製で作成しています。その方が気持ちがこもっていて受け取ってくださった方への気持ちも伝わるものだと思っていつも準備しています。脱毛ラボ 単発

高層ビル住宅とは

高層ビル住宅とは建築基準法などでは高さ60メートル以上のマンションになるようです。

また、環境アセスメント条例では高さが100メートルあると高層ビル住宅と呼ばれるようになるのだとか。

不動産屋さんの中には20階以上あると高層ビル住宅とするところもあるようですから、その基準はまちまちなようです。

我が家は25階以上のマンションになるので、私は高層ビル住宅に住んでいる住人ということになるのでしょうか。

我が家は高層ビル住宅の9階にあるのですが、見晴らしがよく、また、虫がなかなか家の中まで入ってこないので快適に住んでいます。

2階以上の建物に住んだことのない私は、最初高層ビル住宅に入居が決まったとき、高すぎて住みたくないと思いました。

高い窓から見る景色とバンジージャンプの景色が頭の中でダブってしまい、高層ビル住宅に住むということに恐怖を抱いていたのです。

 

高層ビル住宅に住んでみると、高さの恐怖はまったくありませんでした。

それどころか、遥か遠くまで見渡せることがこれほどまでに快適なことなのだろうかと、高層ビル住宅の良さを実感しています。

それに、我が家のそばには大きな川が流れているのですが、その川が氾濫しそうになっても高層ビル住宅の9階にある我が家はのんびりとしたものです。

平屋や1階に住んでいる方は、いつ氾濫するのかと、川沿いに出て川を心配そうに眺めていました。

高層ビル住宅に住むとなると、近隣の騒音も心配なところでしょう。

我が家の場合、高層ビル住宅に住んでいても近隣の騒音に悩まされることはなく、また我が家の騒音で迷惑かけるようなこともありません。

騒音に対して、建物がしっかりと計算されて建てられているからでしょう、上の階の部屋の物音は聞こえませんし、隣の音も聞こえません。

騒音が聞こえるとすれば、高層ビル住宅の廊下の物音ぐらいです。

はじめての一人暮らし

高層ビル住宅に関する情報が、インターネット上にはたくさん寄せられています。

マンションを購入しようと考えている方の中には、高層ビル住宅も視野に入れて検討されている方もいるのではないでしょうか。

私が知り合いから聞いた話によると、高層ビル住宅というのは部屋数が多い分、みんなで地価を割るので価格が安いようです。

といっても高層ビル住宅も様々だと思うので、まずは情報収集からはじめましょう。

自分の家を持ちたいという方は、高層ビル住宅も検討されると良いと思います。

 

http://www.eleboo.com/


脱毛サービスを受ける

自分は毛がなかなか多い上に加えて肌が弱いので、定期的に繰り返す邪魔な毛の対策は非常に大変で、脱毛の苦悩については以前からじつに大きな問題でした。このところ威力が高く良心的な価格帯の自宅用の脱毛器具も定番になりつつありますが、そういった脱毛器でも肌に適さない事も結構ありました。このところ無痛に近い手頃な価格帯で行える脱毛専門店の光脱毛があるため、今回前から常に案じていた脱毛店での施術に通ってみることにしたのです。昔はニードルと呼ばれるニードル(針)による脱毛施術がメインでしたが、つい最近ではその脱毛エステ店それぞれでさまざまな方法があります。私が使用したサロンは最新の効能も高い脱毛機器で、時間もそんなにかからず痛みがほとんどない脱毛サービスを受けることができました。快適にサロンで脱毛エステをした後は、毎日面倒だったむだ毛の自己処理の煩わしさも簡略化する事が出来、ツルツルの綺麗な素肌をやっと手に入れることが出来ました。大手の脱毛サロンの処置は、きれいな肌を手にしたい方には大変お勧めのシステムです。これからも周期的にケアを欠かさずに、無駄毛のない素肌を保持していきたいと思っています。http://ミュゼモゾ予約.biz/

料金も想像以上に安い

脱毛処理はツルツルのお肌を目指す女性にとって、誰しも一度は気にする大きな悩みの課題であり一定のサイクルで処置が必要な面倒な問題です。夏を中心に半袖などを着ることも増加するため肌の体毛具合を気にしてしまうかたも多くいるでしょう。じつに体毛手入れするのにはとてもエネルギーがいりますし、正しい知識を持って処理しなければ素肌に与える負担も大きくなってしまうのです。この肌へのダメージをなくすために選択したのが、脱毛の専門家に処置を行なってもらえる使い勝手の良い「脱毛サロン」です。脱毛サロンでできる専用の脱毛器具を使った施術はアバウトな対処とは違って、敏感な肌へのダメージもかなり減らしたむだ毛施術が期待出来ます。しっかりしたスキルを持った優秀なスタッフや脱毛士が高能力な施術機器を用いて処理をしてくれるので、ほぼ無痛でできます。敏感肌で荒れやすい私は量販店で売ってるかみそりを使って脱毛処理をしていた時は、カミソリ負けをしたり剃り跡に黒ズミができてしまい後悔したりしていました。カミソリなどを使う脱毛自体が骨が折れダルいことですし、仕上がりは人に見せられる状態とは言えず良いことはありませんでした。そんな訳で女子に好評だというこの有名脱毛店に行ってみましたが、料金も想像以上に安いので気軽に通えますし、脱毛エステサロンならではのサービスの質の高さにかなり満足しています。今考えればもっと前からきちっと脱毛サロンに通ってればよかったなぁと感じています。ミュゼ 前橋